2015年05月27日

【あさの勉強会のご案内】


毎週火曜のあさ7時30分から9時まで、あさの勉強会を行います。これから原則、1週間前に告知いたします。
・とき 6月2日(火曜)7時30分〜9時00分
・場所 CONERI(高松市番町1丁目9-1 番町みやたけビル2階)


次回のテーマは「コピーライターと一緒に考えるお客さまに響く販促ツールのつくり方」。参加者は課題を持ち込みください。会費3000円。限定4名さまです!
お申し込み、お問い合わせは、1)FBからのメッセージ 2)この記事のコメント欄より 3)info@coneri.co.jp いずれでも可能です!

*この翌週6月9日(火曜)は、「そのホームページはなぜ伝わらないのか」をテーマに課題持ち寄りの勉強会を予定しています。

150527.JPG





posted by CONERI at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

モノを売る言葉を考えるヒント

コンビニで缶コーヒーを買うことがほとんどなくなりました。代わりに、レジで注文する紙(のような)コップに1杯ずつドリップしていれるコーヒーを買うようになりました。横にドーナツがあります。これまで小腹が空いたときにはパンやおにぎりを買っていましたが、その売場まで入っていくことがなくなりました。レジでワンストップでコーヒーとドーナツを買います。流通が強くなっています。

少なくとも10年くらい前までは、BOSSやジョージアが缶コーヒーのCM合戦を繰り広げ、観ている私たちも楽しかったはずです。コンビニでコーヒーとドーナツを買うと、必ず最近はお手ふきが入ってきます。それは、何を意味しているか。お手ふきやおしぼりを出していたのは、喫茶店と呼ばれる業種です。喫茶店やカフェを、コンビニのお手ふきはわたしに想起させました。

ちょっと休憩で、喫茶店。という習慣を、コンビニは奪おうとしているのかもしれません。ネット社会です。誰かと同じ空間にいたり、おしゃべりしたりするよりも、スマホに向かって、コンビニのコーヒーとドーナツをほおばる。イマドキでしょうか。メーカーのつくるモノに新しさがなくなり、消費のスタイルを変えるチカラを持つ流通が動いています。いま、メーカーはどんな言葉でコミュニケートすれば、わたしたちに響くのか。例えば缶コーヒーは?と考えてしまいます。モノを売るときに、競合するのは、モノではなくなっているのかもしれません。

posted by CONERI at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

わたしはいま、何をやっているのか。

商品をもっと売りたい。大きくいうと、わたしのところに来る問いかけは、こんなところです。わたしは、どこに売れない問題があるのかを見つけます。一人では見つかりません。企業やお店の人から話を聞かせていただくことが必要です。すると、カンタンに言うと「誰に」「何を」「どのように売るのか」が見えてきます。いわゆる「道筋」の見通しです。その道中には、必ず情報を「伝える」というステップが含まれます。

商品は、企業と切り離すことができないので、うまくやれば、企業の価値も高まります。企業価値は、平たく言うと企業の好感度みたいなもの。黙っておく、というのもコミュニケーション戦略の一つです。多弁なうわべだけの美しさではなく、ざらつきのある逞しさと品の良さを兼ね備えたコミュニケーションは、人間そのもの。そういう人に頼まないと、そういう仕事は生まれてこないというところに、この仕事が地味に残り続けている理由があるように思っています。そして、うまくやれば、そういう企業のパーソナリティが、競合他社から頭一つ抜け出し、さらに突き抜けていく基礎になる、つまり「化ける」ところにこの仕事の醍醐味があります。

posted by CONERI at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。