2017年03月01日

CONERI にお越しください!

経営を支援する企業を見ていると
CONERIのやっていることは
ビジョナリー経営の構築支援とか、
知的資産経営の支援
というものに相当するようです。

それを、言葉を軸に展開する
というのがCONERIのやっている
支援内容です。

ビジョンは、経営の最上位に来る
重要な言葉であり、
知的財産は、ネーミングや
コミュニケーション戦略など
言葉の経営の真髄が主軸です。

ご相談は無料です。
info@coneri.co.jp

++++++++++++++++++++++++++++

【料金のご案内】

A 日々の情報発信の指導、アドバイス
・月額5万円(税別)
・半年に一回の対面指導
・1年ごとの契約更新

B 「伝わるコミュニケーション戦略」
・コンサルティング料 月額30万円(税別)
・1年ごとの契約更新

C 講演・セミナー
・テーマ「言葉と経営」(90分15万円〜)
*制作は、上記メニューのオプションとして都度お見積り。

++++++++++++++++++++++++++++



posted by CONERI at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【今日のキャッチフレーズ_387】


--------------------------------

その差は、何?

--------------------------------

経営者と一対一で話をすると、
熱っぽく思いを語り、
それに涙しそうになった話も、
それが文字になったものを
読ませていただくと、
どこにでもある凡庸な話に成り下がる。

これは、特定の人を非難しているのではなく、
誰もがやってしまう可能性のあること。
話し言葉は、言葉以外の情報、
例えば、苦労がにじむ表情や
情感の豊かさを想わせるシワ、
声のトーンから得られる人生の深みなどが
理解の助けとなって、話が誠に厚みをもって
聴こえてきます。
それに、話を聴くに至るまでの文脈も
引き継いでいます。

切り取られた1000文字なら1000文字の文章は、
書き言葉として、それらがすべてそこにないと、
聞いた話のごとく胸に迫るものはなくなる。

その1000文字に相当するものが
企業理念だったなら、
よそ行きの化粧をした、
退屈で決まり切った言葉になってしまう。

プロが何かというと、
このギャップに挑み、超える力を持つ人
だと言えます。


posted by CONERI at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。