2017年03月12日

CONERI にお越しください!

昨日も、先日の屋号をつくるお仕事@岡山。
屋号の前には、これから始める事業の
何がユニーク(唯一無二)なのかを整理し、
強みをキャッチフレーズに変換してみました。

そこから、理念が出てきて、
理念から指針がでてきます。
指針とは、どの事業でどのように
「価値」を生むのかを言葉にしたもの。

そこからようやく「社長あいさつ」ができ、
最後に、それらを受けて屋号が生まれます。
「そうそう! そういうこと!!」
という経営者との対話は、
「言えている」という胸のすく思いからか
楽しい時間だったと経営者。

言えているという状態が、
経営者を強く後押しし、
事業のエンジンとなっていきます。

++++++++++++++++++++++++++++

【CONERIのサービス】

A 日々の情報発信の指導、アドバイス
・月額5万円(税別)
・半年に一回の対面指導
・1年ごとの契約更新

B 「伝わるコミュニケーション戦略」
・コンサルティング料 月額30万円(税別)
・1年ごとの契約更新

C 講演・セミナー
・テーマ「言葉と経営」(90分15万円〜)
*制作は、上記メニューのオプションとして都度お見積り。

++++++++++++++++++++++++++++



posted by CONERI at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【今日のキャッチフレーズ_398】


--------------------------------

才能とは、運を操る術である。
(「鴎外の知恵」出口汪 訳)

--------------------------------

満を持して・・・という感覚に
近いのだと思いますが、
運は巡ってくるということであれば、
巡りゆく時間をできるだけ
自分に引きつけて解き放つイメージを
「運を操る」から得ました。

運が向いていないときは、
ただ腐らず、黙って耐え、
巡ってきたなら、それをできるだけ
自分の方に引き寄せて
エネルギーを爆発させる「とき」を
静かにねらう。

野球の選球眼と同じような感じでしょうか。
経営者と話をしていると、
事業家は、それぞれに運を操る術を
心得ているように思います。
複数の事業を持つ企業は、
いずれかが稼ぎ頭「金の成る木」であり、
いずれかが、次に芽を出すそれであり、
その他、問題児の事業もあれば、
試験的に投入してみる事業もある。
事業体だって、運を操る術を会得しているものです。


posted by CONERI at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。