2017年03月19日

CONERI にお越しください!

企業スローガンの制作のお話が
岡山に続きまたまた一件!
企業の言葉は、
「知識・技能」➡「価値規範」➡「生き方、あり方」
へと、時代とともに変化しています。
モノのなかった時代は、
知識・技能を言うレベルの言葉で
仕事はいくらでもありました。
いまは、価値規範、
たとえば、その言葉の賛否は別として
「100年住宅」とはその一例。
100年もつ家をつくるという、
自社のサービス(家づくり)に対する
価値意識を言っている言葉。
その先に、生き方やあり方はあります。
要は、まなざしですね。
法人という人は、どこを向いているのか。
同じ方向を見てごらんよ!という言葉が
企業スローガン。
その目線は、見込み客に、また求人にも
威力を発揮します。
企業スローガンは、「生き方、あり方」の時代の
重要な経営資源なのですね。
ご相談お気軽に!
info@coneri.co.jp
++++++++++++++++++++++++++++
【CONERIのサービス】
A 日々の情報発信の指導、アドバイス
・月額5万円(税別)
・半年に一回の対面指導
・1年ごとの契約更新
B 「伝わるコミュニケーション戦略」
・コンサルティング料 月額30万円(税別)
・1年ごとの契約更新
C 講演・セミナー
・テーマ「言葉と経営」(90分15万円〜)
*制作は、上記メニューのオプションとして都度お見積り。
++++++++++++++++++++++++++++



posted by CONERI at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【今日のキャッチフレーズ_405】


--------------------------------

人がいた気配やぬくもり。

--------------------------------

スーパーのトイレに行くと、
手洗いのところに花が飾ってあった。
スーパーで束にして数百円くらいで
売っているくらいのボリュームの花である。

生けたばかりのようで、
花はまだみずみずしく、
若い花と咲き誇っているそれのバランスも
ちょうどいい。

先ほど、誰かが生けたのだろうと思った。
そこに人の気配を感じ、
ぬくもりを感じた。

できるだけ放っておいて欲しい場所であり、
無にもなりたい場所で、それが過ぎると、
人は自分のものではないという、
自己から切り離された感覚が勝り、
その結果、落書きや汚したままの退室も
あり得る世界。

そこに誰かがいて、丁寧に手を掛けたという痕跡は、
適当な距離感でもあり、心地よく感じられた。
企業のコミュニケーションも同じで、
ウェブなどは、その応用ができる一例だろう。

つくって放置ではなく、
そこに日々、管理者が訪問し、
メッセージを残していく。
その繰り返しが、企業コミュニケーションの
体温を上げ、お客さまの心を温めるのではないか。


posted by CONERI at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CONERI にお越しください!


CONERIは、
企業のコミュニケーション戦略を
経営者や社員との二人三脚で構築し、
運用しています。
わたしは、コピーライターですので
言葉を軸にそれを展開します。
しかし、一方ではコピーライターの
職域の変容と可能性を追求しています。
言葉を軸にすれば
人の心を揺さぶり、本質に迫る対話を通して、
ものの見方・考え方、価値観、概念の
質的転換をはかることが
その可能性の具体的な内容です。
おそらく、こんなコピーライターは
日本にいないと思います。
ご相談お気軽に!
info@coneri.co.jp
++++++++++++++++++++++++++++
【CONERIのサービス】
A 日々の情報発信の指導、アドバイス
・月額5万円(税別)
・半年に一回の対面指導
・1年ごとの契約更新
B 「伝わるコミュニケーション戦略」
・コンサルティング料 月額30万円(税別)
・1年ごとの契約更新
C 講演・セミナー
・テーマ「言葉と経営」(90分15万円〜)
*制作は、上記メニューのオプションとして都度お見積り。
++++++++++++++++++++++++++++

posted by CONERI at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【今日のキャッチフレーズ_404】



--------------------------------

新しいコピーライター、
いりますか?

--------------------------------

ちょっとカタイ話ですが、
お付き合いください。
わたしは、コピーライターという
「知識・技能」をとおして、
旧来のメディアへの言葉の提供にとどまらない
「コピーライターの職域の変容と
可能性を追及」しようとしています。

何年か模索して見えてきたことは、
次のことに集約されます。
「言葉によって心を揺さぶり、
本質に迫る対話を通して
ものの見方・考え方、価値観、概念の
質的転換をはかる」。

これは、2つの方向で言えます。
一つは、経営者。
もう一つは、消費者。

経営者とは、このような考え方で
企業のコミュニケーション戦略の
構築と運用を二人三脚します。

消費者にとっては、企業からの言葉により
世の中をあたらしい窓からのぞくことが
できる新鮮さと爽快感、発見、気づきを
提供することができます。

これが、わたしの思い描く
イマの時代の先端を切り拓く
コピーライター像であり、
わたしのめざしているものです。


posted by CONERI at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。