2017年03月23日

CONERI にお越しください!


CONERIの軸はコピーライター
という仕事の職能。
コピーライティングとは「表現」ですが、
表現を支える「思考」を
わたしの頭のなかで完結させず、
経営者と二人三脚することで、
企業の抜本的な体質改善に生かせる
という着想が、CONERIの
コンサルティングを生んでいます。

しかし、最後は、表現に着地させ、
それを運用、展開するところまで
二人三脚できるのが、
コンサルティング専門会社との
違いと言えば違いです。

ご相談お気軽に!
info@coneri.co.jp

++++++++++++++++++++++++++++
【CONERIのサービス】

A 日々の情報発信の指導、アドバイス
・月額5万円(税別)
・半年に一回の対面指導
・1年ごとの契約更新

B 「伝わるコミュニケーション戦略」
・コンサルティング料 月額30万円(税別)
・1年ごとの契約更新

C 講演・セミナー
・テーマ「言葉と経営」(90分15万円〜)
*制作は、上記メニューのオプションとして都度お見積り。
++++++++++++++++++++++++++++



posted by CONERI at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【今日のキャッチフレーズ_410】


--------------------------------

それは、耳を貸すべき意見か?

--------------------------------

アンケート調査などで特筆されている
「ご意見」というやつに
企業は、どのくらい耳を傾けるべきでしょうか。
結論は、その企業の志向する「あり方」による
のだと思います。

香川県のうどん屋の店ごとのシステムも
わかりづらいところがあり、
わたしたちうどん県民は、
それを、好意的に受け止めて楽しむ
傾向にあるように思います。

例えば、入るといきなり「1玉か2玉か」と問われ、
てんぷらの個数を言って、会計をする。
実際には、てんぷらは、レジの向こうにあり、
品物を見ずして、個数を先に言わないと
てんぷらがいただけない。

てんぷらとレジの場所を入れ替えればいいと思う
お客さんの声だってあると思いますが、
長年、その順番でその店は愛されてきた。
そのわからなさが、リピーターにはたまらない
とも言えます。

善処すべきお客さまの声もたしかにありますが、
それがそうであると言えるのは、
自社のあり方が定まっていてこそ。
あり方をしっかりと言葉で規定しなくては
お客さまの声の対応に追われるだけの、
芯のない企業になってしまいます。

posted by CONERI at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。